普通のインプラント治療は困難

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも考えるべきです。
インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は無視できないものがあります。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。しかし、クレジットカードの分割払いや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることがあきらめなくて良くなりました。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかることも念頭に置きましょう。
新宿区でインプラントなら高田馬場駅前デンタルクリニック【埋入実績2000本】

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ