どんな治療法にもリスクや問題

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラント リスクと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
これはインプラント リスク治療の大きなメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでインプラント リスクだとカミングアウトしなければ義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。
インプラント リスク治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の可能性は否定できません。ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。インプラント リスク治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。歯科におけるインプラント リスク治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント リスク治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラント リスク治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ現状では確実な説はありません。きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。
これからインプラント治療を始めようと決めても、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、相場はあると言えます。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ