歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、イン

歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。これは担当歯科医の技量の低さに原因があると言ってよいでしょう。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科を選ぶといいでしょう。
ネットのレビューなども参考になります。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。
いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらに人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれており、それぞれ特性が異なります。
インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必須になってきます。
当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、技術的なコストもかかり、従来の金歯よりも高額になるのです。年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれています。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。
そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。
ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ