様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体

様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。でも、気にしなくて良いです。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
治療後、噛めるようになると、ほどなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
忘れないで欲しいのはインプラント治療を受けた方からの評価です。近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。高くついた場合、数十万円にもなることも珍しくありません。また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるという重大な問題もあります。
ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためには歯科医はともかく慎重に決めてください。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療にお金がかかることは承知しておいてください。検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療をすすめようとすると保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ