皆さんがインプラント治療に取りかかる前

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えてください。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
他の歯科治療と、インプラント リスク治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこの歯はインプラント リスクだと自分でいわなければ義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント リスク治療を考えた方が良いですね。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと考えなければなりません。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント リスク治療も院内感染が起きないと言えません。その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ