人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがイ

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。
ほとんどのインプラントのリスク治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。治療ではインプラントのリスク埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。
定期検診にかかるお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医の腕と設備次第で、少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして十分調べてください。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。大至急歯科医にかかってください。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントのリスクとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントのリスクが優っていると考えられます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。歯科で手術の経験がない方は、インプラントのリスク埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラントのリスク治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ