意外な事実として、実はつい最近まで大学

意外な事実として、実はつい最近まで大学ではインプラントを教える授業がありませんでした。向上心溢れる歯科医たちは有名なインプラントメーカーが主催するセミナーに参加したり、有力なインプラント学会に所属するなどして、知識や技術を身につけてきました。ですが今は大学でも学べるので、今後インプラントに積極的な歯科医が増えそうです。
インプラントで腕のいい歯医者さんは、難しい症例でも問題なく対応できる歯科医、と言い換えることができます。難症例で代表的なものに『骨が少ない』という症状があります。現在では骨を創るという技術が確立されているので、骨を創ってそこにインプラントを埋入します。
自分の歯と同じように噛めるインプラントにしたくても、手術自体が恐ろしくて最初の一歩が踏み出せない、という方も多いかもしれません。必要以上に恐怖心を持っているとどうしても手術全般にわたって余分な反応をしてしまい、危険なシチュエーションを自らの手で作り出してしまいます。
実はそんな方に朗報です。
恐怖心を取り除くことのできる麻酔があります。
入れ歯からインプラントに替えたくて歯科医のカウンセリングを受けたものの、「あなたはインプラントにできません」と言われたらどう思いますか。
そんな時は割り切って別の歯医者さんを探しましょう。
悲惨なのは、症状と自分の技術でカバーできる範囲があっているかどうかが分からない歯医者さんです。
インプラントのできる歯科医院は全体の約2割程度しかありませんが、その中から全幅の信頼を寄せられる歯医者さんをひとりで探し出すのは非常に困難かもしれません。もしあなたが切にインプラント手術を検討するなら、最初にしなければいけないのは歯医者さんの情報を調べることから始めることをおすすめします。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ