高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラ

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、トータルの治療費用は高額になってきます。
これを保険適用にしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。長年放っておいた虫歯があり、結局、歯を抜くことになってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラント治療に決めました。
自費診療なので、かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。インプラント治療にかかる費用を合計すると普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。
最大のデメリットは費用が高額になることです。難しいケースでは数十万円かかるケースもまれではありません。
それから、治療が失敗すると、場合によってはかなり深刻な問題が起こることもある危険性も承知しておいてください。ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ