インプラント治療はどのような流れかというと、大きな

インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というプロセスをたどります。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント リスク治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと考えてはいけません。
義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント リスクはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント リスク治療がしっくりくると思います。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。
手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずないと考えてください。一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。
自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
また、あごの骨を掘ってインプラント リスクを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。実は、かかる費用は歯科医院ごとにずいぶん違っています。
保険適用外がほとんどであるインプラント リスク治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ