歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラントのリスク治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので維持費がかかることを知っておきましょう。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。不断のケアが求められます。毎食後に磨き残しがないようブラッシングして完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントのリスクを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。治療ではインプラントのリスク埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントのリスクはインプラントのリスクが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。ほぼ全額自費とみるべきです。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントのリスクの方が優っていると考えられます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ