どうしても避けられない問題ですが

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという審美的な問題が起こることもあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。
高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
なぜ適用されないかというと、この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。
インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。
複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
様々なインプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。しかし、それは正しくありません。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。
身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。
インプラントならば、他の人工歯と比べてもしっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。
だから歯が取れるのではと心配する必要はありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに丈夫に作られていることはいうまでもありません。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、デメリットも知った上で選択してください。
最大のデメリットは費用が高額になることです。ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。あとは、治療が失敗したとき、取り返しがつかない健康被害が起きるという重大な問題もあります。
障害を負うにとどまらず、治療によって死亡したケースもありました。
どうにもならない虫歯で、ついに歯を抜かなければならなくなりました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ