歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされ

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラント リスクが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
埋入するのもリスクがあって、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
これはインプラント リスク治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、インプラント リスクだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。
インプラント リスク治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント リスク治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。
保険適用外がほとんどであるインプラント リスク治療は、費用を自由に決められるのが建前です。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。歯一本分のインプラント リスクで、40万円前後が相場です。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法なのは明らかで、とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いと思ったら大間違いです。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ