歯科治療は全て同じですが、インプラントのリス

歯科治療は全て同じですが、インプラントのリスク治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。インプラントのリスク治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントのリスクを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。
人工歯根(インプラントのリスク体)を骨の中に埋め込むのがインプラントのリスク治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラントのリスク治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラントのリスク治療も終わります。
それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラントのリスク埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛くなってくることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。確定申告の一項目として、医療費控除はすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
この治療のメインとなるインプラントのリスク埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ