インプラント治療を受けたい方の

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。
そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるリスクも背負っています。
本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも自分の歯に近い感じで噛めるので、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい丈夫に作られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースではその数倍の出費もあることを重々承知しておいてください。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療に取りかかることをすすめます。
忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ