重要な確認事項として、インプラント治療を始める

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。歯科治療は全て同じですが、インプラントのリスク治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラントのリスク維持のために必要です。インプラントのリスク自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。インプラントのリスク埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラントのリスク埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。様々な条件によって、インプラントのリスク適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。この治療のメインとなるインプラントのリスク埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラントのリスクを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。残念ながら、インプラントのリスク治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ