歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておけばベターです。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。また、できれば費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも重要なチェックポイントになります。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などがかなりマイナスに作用します。
インプラント治療の成功を願うなら、治療が無事終わるまでの間と思ってがんばって禁煙に励みましょう。インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で冠状の義歯としてクラウン治療が可能になります。
その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとに思いの外費用は違ってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ