利点も多いインプラントですが、治療

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
鎮痛剤を飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前よりも口臭が気になるといった変化がたまにあるということです。これでは折角のインプラントが台無しです。
理由としては、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。
自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当医の技量によっても変わるようです。口内のセルフケアを怠れば、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはいくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。
入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。
それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。
ずっと使い続けられるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。
治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、歯がグラついて違和感を覚えるなど、問題となる不具合が報告されています。こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。ネットのレビューなども参考になります。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかる場合があることに留意してください。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ