自費診療なので、インプラント治療

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。
もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって治療費には大きな開きがあります。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
インプラント治療による危険性を聞いたことがあると思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。でも、気にしなくて良いです。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。MRI検査への影響はありません。
安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。
ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。
歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。
手術の前後には様々な処置が必要で、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのが高額の負担を避けられない理由です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを重々承知しておいてください。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、デメリットも知った上で選択してください。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。そして、治療にミスや失敗があると起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。
障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになりこれで良かったと実感しています。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ