人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、何種類かのタイプがあります。
人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
それは、治療を行う歯科医の腕や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。
年々進化を続けるインプラントの技術。
近頃では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことが要因となっています。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科で治療を受けるようにしましょう。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているケースもあり得るのです。
そのようなケースでは、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果は普通にしていれば一生物などと言われますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
ろくに歯磨きもしないでいると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命にも影響が出ます。
年々利用者が増えてきたインプラント。
その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこにフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを置いて語れません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。ですが、難点もあるということに気を付けてください。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。
いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されるかもしれません。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その義歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのです。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、その分、インプラントの人工歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ