近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の

近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。
これは文字通り陶器でできた人工歯であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。
これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
最近よく聞くようになったインプラント。差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。
ですが、制約もあるので覚えておきましょう。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、サボらず毎日のケアを行ってください。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。
使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化がままあるようです。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。
こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ